Hirorion Homepage

【Twitter】

links

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

archives

山本亭でお茶会【葛飾区柴又】<葛飾区亀有ネット>



昨日は、とても天気の良い一日でしたね〜

東京都葛飾区柴又にある山本亭のお茶室を借りて、葛飾地域メンバーとお茶会を開きました。
レンタル料も安く、おすすめのお茶室です。

お庭を撮影してみました。


海鮮丼【葛飾区柴又】



昨日は雪の中、西千葉SNSの友人が葛飾区柴又ツアー企画の下見にいらっしゃいました。
美味しいランチを発見!
柴又駅近くですが、とても満足しました〜

冬の山本亭【葛飾区柴又】



冬の「山本亭」を訪問してみました。
3月末に「葛飾写真・芸術クラブ」コミュにて「お茶会」をやるので下見です。
とても素敵な茶室があるので、とても楽しみになりました。

同じ3月の初めには、西千葉SNSの友達も柴又に来るので、ここもぜひご紹介したい場所です。
すばらしい日本庭園を観賞しながら、お抹茶セット等の喫茶もできます。
寅さん記念館とのセット券がお得です。

伝統的な書院造と西洋建築を複合した和洋折衷の建物は、海外からも高く評価されています。


帝釈天参道模型【葛飾区柴又】寅さん記念館05



寅さん記念館で一番驚いたのがコレ!
昭和30年代の帝釈天参道を精巧な模型で再現しています。

遠近法を用いたもので、向かって左側から徐々に小さくなっていきます。
細かい作りをじっくり見ると、とにかく素晴らしい。


くるまや【葛飾区柴又】寅さん記念館04



寅さん記念館には、勿論〜あの寅さんの実家「くるまや」があります。
実際の撮影に使用したセットを大船撮影所から移設したものとのこと。

中に入ると、以外に広いのに驚きました。
座敷には寅さんのおなじみ「トランク」がさりげなく置いてありました。
旅から帰ってきた寅さんに・・・自分もなったような気分になりますねw





寅さんポスター【葛飾区柴又】寅さん記念館03


(1280*720pixel)

寅さん記念館にある映画「男はつらいよ」のポスター・・・
ロケ地の地図が壁面に描かれていて、ポスターがずらっと表示されていました。
個人的にも懐かしい思い出のある映画のポスターがあったりして、昔を思い出したりw

浅丘めぐみ・・・【葛飾区柴又】寅さん記念館02



寅さん記念館には、いろいろな資料が展示されています。
寅さんの実物小道具なんかは、勿論ですが・・・目を引いたのがコレ・・・

昔、めぐみちゃんのファンでしたw
中三トリオも懐かしい〜

レコードプレーヤーなんかも持っていましたね〜
まだ、実家にユーミンのLPなんかがあるはずですが、どうなったかなあ・・・w


リニューアル【葛飾区柴又】寅さん記念館01



寅さん記念館が、昨年12月5日にリニューアルオープンしたということなので、訪問してきました。

建物室内に入ってすぐの「帝釈天参道界隈の情景セット」の撮影スタジオのところが変わっていました。
寅さんの子供時代の心象風景をジオラマ紙芝居で再現しています。
「ガキ大将の寅」や「東京大空襲」等といった題名で楽しむことができます。

寅さんを通じて、人々の暖かい心を丹念に描き続けてきた山田洋二監督は素晴らしいですね〜
寅さん記念館には、日本人の心のふるさと「寅さん」の全てがあります。


柴又帝釈天の新年-02

前記事の続きだが・・・

参道の入り口にある「焼き鳥屋」。
予約販売してるほど賑わっていた。

隣の店では、もつの煮込み・・・
アツアツで最高にうまい!


樽酒も一杯500円で販売していたので、購入したが、外で飲むせいか美味しいw
ここから帝釈天に向かうが道はギュウギュウで動くのがやっとだった。

【写真等はこちら】
http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=16327

柴又帝釈天の新年-01

昨日は、柴又帝釈天に行ってきた。
お正月三が日は過ぎていたものの、大変な混みようだった。

参道は、模擬店が並び、お客さんもそこらじゅうでビールにお酒に焼き鳥に・・・w
下町のお正月気分にはピッタリの風景・・・

どこからか・・・寅さんが出てきそうな雰囲気があったなあw

【写真等はこちら】
http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=16309

柴又帝釈天参道


柴又駅を降りると、参道を振り返りながら故郷を思う映画のワンシーンを再現した「寅さんのブロンズ像」がある。
そしてすぐに参拝者で賑わう参道がみえてくる。
ここは時代を重ねてきた建物が並び、優しい風景と人情が伝わってくる場所である。

まず目を引くのが写真の「おもちゃ博物館」「ハイカラ横丁」だ。
ハイカラ横丁は、昔の駄菓子屋さんみたいな感じでレトロ(^-^)v
見ているだけで楽しくなるね〜

ここの前で、のしいか屋さんが、良い香りを漂わせ「のしいか」を作っていた。
浅草などでもお店を出すらしいが、昔ながらの機械でくるくる平らにのばしていく。
ちょうど、大昔の洗濯機の横に付いていた脱水装置みたいw
こんな下町っぽい出会いが、とても嬉しい気持ちにさせてくれる。
できたては熱くて美味しかった(*^-^)

「ハイカラ横丁」の向が「かなん亭」という甘味所。
名物はところてん。
ここは、店頭で「焼き鳥」を焼いている。
これが美味しそうで、つい買ってしまうw
ちょこっと食べ歩きもなかなかいいものだよね〜〜〜
d( ̄◇ ̄)b グッ♪

すぐ周辺に小川が流れていて、三猿がいる。
なんとなく温泉場に行ったみたいで、のどかな気分にさせてくれる。

(-.-)y-~~~


写真
http://kachinet.jp/blog/blog.php?key=9874

葛飾柴又のうなぎ「川千家」


ちょいと仕事で葛飾柴又まで・・・
昼食をどうしようかと思って、うなぎが食べたくなったw
で、久々に「川千家」へ寄ってみた。
3,500円の季節のランチがあったけど、そんなに食べれそうもないので安価な2,100円のうな重にした。

うなぎの名前の由来の話になって、知らなかったが、鰻の胸のところが黄色っぽいから「胸黄」・・・
そこから転化した説があるとのこと。

まあ、さすが創業約250年の歴史を持っているだけに、やはり丁寧な食材の処理と焼き具合が絶妙だった。

大きな地図で見る

帝釈天参道のお店等


川千屋は何回か食べたけど、柴又で250年の歴史を持つお店。
うなぎは、静岡、九州、四国から取り寄せ、一週間ほど生け簀に飼い余分な脂を抜くそうだよ。
さっぱりとしたウナギに200年以上変わらぬ味を守り続けていて、濃厚な味わいに通い続けるファンは多いらしい。


やぶ忠と川甚
やぶ忠は川千屋の向かいで、手打ち麺は美味しい。
川甚は有名な川魚料理店

柴又帝釈天

帝釈天
柴又七福神の一つ(毘沙門天)で、建物の彫刻がとても有名。
彫刻ギャラリーは必見ですね〜


参道には映画に使われた団子屋や美味しいうなぎ屋、お土産屋が建ち並び、昔ながらの趣を今なお色濃く残している。
観光客も多い。
[map]

寅さん記念館


寅さんの思い出がぎっしり詰まった記念館。
山本亭とのお得なセット券がお勧め。


[map]

矢切の渡し・江戸川河川敷


大人片道100円の毎日運行
[map]


川に則してサイクリングロードが江戸川区〜葛飾区〜茨城県まで続いている。
河川敷では、スポーツ等行われて、夏には柴又の花火の打ち上げがある。

山本亭


大正末期の特色を色濃く残した和洋折衷の建物。
典型的な書院庭園がすばらしい。
中で喫茶が楽しめました。
[map]

柴又の駅


寅さんの映画で旅立つ時に出てくる場面が柴又の駅。
駅前に寅さんの像がある。
第40作で、旅に出る寅さんがさくらの方を振り返ったシーン。
山田監督の自筆が刻まれたセリフの石碑もある。
[map]

| 1/1PAGES |

Hirorion Homepage